業務内容 -Business-

独立開業

今の会社員や職員の状態から独立したい、今の仕事を自分で開業してお店を持ちたいといった夢をお持ちの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし独立開業には行政からの許可を取らなければならない業種が数多くあります。らーめん店や定食店、カフェなどの飲食店。古物商やバー、キャバクラなどの夜のお店などは許可が必要な業種です。

ご自身で許可を取得することももちろん可能です。しかし独立までは今の仕事を続けていたいなどの理由から行政機関に何度も足を運び打合せをしたり申請書類を作成する時間的な余裕がない場合も多いです。そういった場合は当事務所にお任せください。許認可といわれる業務にはコツがあり、多くの許認可業務を対応している当事務所であればきっとご満足いただけると思います。下記に簡単な業務フローを記載しますのでご参考にしてください。

また、現在展開している事業の社会的信用度の向上や制度上の必要性などから、株式会社や合同会社をはじめ、医療法人や社会福祉法人、NPO法人などの法人設立の手続きをお考えの方も当事務所にご相談ください。

独立開業画像
業務フロー例(風営法 2号許可キャバクラの場合)
初回お打ち合わせ

お見積り金額の提示。その後、目標事業開始日やお考えの事業規模、現在の進ちょく状況等の確認、必要な書類や今後のスケジュールの確認。飲食店営業許可を当事務所で行うかお客様が行うかも決めさせていただきます

申請書類提出窓口にあいさつ

申請書類作成スタート。必要書類の収集などを始めます

物件の確認。都市計画法や風営法に抵触しない物件かどうかを確認します

適宜審査担当部署と打ち合わせ

店舗の仕上がり状況で飲食店営業許可の申請(風営法の許可より先行します)

店舗の備品等の確認(照明や音響設備、客室など)

関係法令の確認と添付書類の精査

問題がなければ申請書類を提出窓口に提出

申請部署にて書類の審査

現地調査

許可

ご不明点やご不安なことなどがございましたらお気軽にお問い合わせください。誠実にご対応させていただきます。

業務フロー例以外にも当事務所では下記の業務をお受けしております。下記に記載のないものでも対応できますので、お気軽にお問い合わせください。

独立・開業
  • 飲食店営業許可
  • 食品製造業許可
  • 旅館営業許可
  • 古物商許可
  • 酒類販売業免許申請
  • 深夜における酒類提供飲食店営業開始届出(バー)
  • 風俗営業許可1号(キャバレー)
  • 風俗営業許可2号(料理店・社交飲食店)
  • 風俗営業許可3号(ダンス飲食店)
  • 風俗営業許可4号(ダンスホール等)
  • 風俗営業許可5号
  • 風俗営業許可6号
  • 風俗営業許可7号
  • 風俗営業許可8号
  • 性風俗特殊営業営業開始届出(店舗型・無店舗型・映像送信型)
法人設立
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 医療法人設立認可
  • 宗教法人設立(規則認証)
  • 学校法人設立認可
  • 社会福祉法人設立認可
  • 一般社団法人設立
  • 一般財団法人設立
  • 特定非営利活動法人(NPO法人)設立

Copyright © 行政書士事務所夢工房 Corporate All Rights Reserved.